SMS配信ウェブAPI

XoxzoのSMS配信用ウェブAPIを使って、
キャリア・ネットワークから、テキストメッセージを配信できます。

アカウントの作成は無料です。お試しクレジットでAPIをテストして頂けます。

無料でお試し もっと詳しく

標準サービス


SMS(ショート・メッセージ)の配信ウェブAPI

1つのAPIで複数のキャリアに配信することが可能。事前に受信者のキャリアがわからなくても、APIにて判別できます。あなたのA2Pメッセージングに最適です。

  • 送信者IDを自由にセット

    ほぼ全てのネットワークにおいて、送信者を数列でなく自分の名前に設定できます。

  • ユニコード

    どの言語でも、メッセージを配信可能です。UTF-8エンコーディングを使って配信し、受信者もユニコードの使える受信機であれば、配信メッセージはそのまま表示されます。

  • すぐに使えるライブラリ

    主要プログラミング言語ですぐに使えるライブラリを使えば、あなたのアプリにメッセージ配信機能を今すぐ取り入れることができます。

SMSステータス確認API

配信後のSMSのステータスを確認するAPIも用意しています。リアルタイムでメッセージステータス取得するには、コールバックURLを設定し、キャリア・ネットワークからSMSの配信完了(DLR)の通知があったときに、XOXZOクラウドシステムが指定されたURLを呼び出します。

オプション・サービス


Kプレミアムとは日本のドコモ、KDDIとソフトバンクのユーザ宛に直収接続でSMSを配信するオプション・サービスです。KDDIのユーザ宛のSMSには、配信元の電話番号を指定可能ですが、その他のオペレーターのユーザには固定の配信元になります。 Kプレミアムの詳細については「ヘルプセンター内Kプレミアムサービスについて」にてご参照いただけます。

SMS(ショート・メッセージ)配信APIについての技術情報・詳細・コードサンプルなどは、SMS API ドキュメンテーションをご覧ください。

料金に関する情報は 料金とお支払い.