音声通話用ウェブAPI

たったひとつの、シンプルなAPIで、電話発信をプログラムしてみよう。

音声ファイル再生API

APIを呼び出すことだけで、電話発信をして音声ファイルを再生またはテキスト読み上げ(TTS)機能でカスタムの言語音を発することが可能です。

テキスト読み上げ機能API

テキスト読み上げ機能(TTS)を使って、発信電話の内容を、数値によるカスタマイズできます。クライアントへのアップデート通知や、予約のリマインダー等、たったひとつのシンプルなAPIコールで行うことができます。

匿名の発信番号で、電話会議に参加する方々に安心なプライバシーに配慮した通話も実施することも可能です。

ローカル発信者番号 日本国内のみ

デフォルト設定では、日本国内の規制により、ローカルの番号を発信者番号として使うことは許可されていません。Xoxzoのダイアルイン番号の追加オプション、ローカル発信者番号機能では、音声通話のご利用に、ローカルの日本の電話番号をご利用いただくことができます。


電話発信ステータスの確認API

発信後の通話ステータスの確認するAPIも用意しています。リアルタイムで通話ステータス取得するには、コールバックURLを設定し、通話が終了したときに、XOXZOクラウドシステムが指定されたURLを呼び出します。


Voice(音声通話)及び関連APIに関する詳細

Voice(音声通話)料金

料金は、おかけになる電話番号によります。プロバイダにより料金が変動する可能性があることをご承知ください。

料金をチェックする >
通常発信
(日本)

10 円/ 分から

ローカル発信者番号
(日本)

15 円/ 分から